10年以上Windowsユーザーだった私がMac book Air 2018を手に入れて良かったこと

Mac book Air 2018

大学受験や就職活動に向けて「パソコンを新調したい!」と考えて、
【Windows Mac 違い】【Mac 特徴】と調べる方は多いのではないでしょうか。

3年前、高校2年生だった私もその一人。

結局、AO入試の準備でWordやExcelを使うためにWindowsを購入しましたが
20歳になった今、思い切ってMac book Air 2019(13インチ)を購入してみました!

家族用のパソコンを使っていて時代を考えると、かれこれ10年以上Windowsを使っていた私が
Mac book Airにして良かったこと、デメリット、活用法をまとめました!

Mac book Air 2018を選んだ理由

1998年生まれ、現在20歳の私はフリーランスのライター・フォトグラファーとして活動しています。

クライアントへの原稿提出はWordを使うことも。
そのため、パソコンを買い換えようとなった際にWindowsにしようと思ったのですが……。

結論から言うと、Mac book Air 2019にして正解でした

まず私がMac book Air 2019を選んだ理由をご紹介します。

1.画像編集をするようになったから

ライターの仕事以外にも写真を撮り始めたことにより、以前より画像編集の時間が長くなりました。

最近まではWindowsにPhotoshop CCを入れて使っていたのですが、
かなり、重い

さらに画像編集の際に解像度が悪く、レタッチの際に苦労しました。

その点、Mac book Air 2018はRetinaディスプレイを搭載
400万を超えるピクセル解像度を持っているため、画像がなめらかに見えます。

それはもう、見えすぎるくらい(笑)。

簡単な明るさ調整やトリミングは、内臓アプリの写真で対応できるのもポイントです。

2.移動が多くなり、軽さを求めた

Windowsの頃は小さい画面のわりにかなり重く、充電コードがかさばることも。

Mac book Air 2018(13インチ)は1.25キログラムとかなり軽く、
薄いのでリュックにもさっと入ります。

さらにiPhoneの充電コードと同じく持ち歩きやすいのも特徴。

丈夫とは言えないため、断線しないように丁寧に扱わなければなりませんが
トートバッグで歩いても肩に負担がかからないのでおすすめです。

なぜ、Mac book ProではなくMac book Airに?

よく「画像を編集するならMac book Pro!」と言われていますし、私自身もそう思っていました。

カメラマンの友人に教えてもらったのが「1度のレタッチが30枚程度ならAirでも十分」ということ。

さすがに長い時間の動画編集したり、100枚単位で画像をレタッチするならProの方がいいと思いますが、
まずはAirで様子を見ようと考えています。

Mac book Air 2018にして良かったこと

Mac book Airを選んだ理由はずばり、そのスペックでした。

では、実際に使ってみて良かったことは何なのか。

続いてはMac book Air 2018にして良かったことをご紹介します。

1.Touch IDでプライバシー厳守

これはMac book Air 2018を手に入れて感じたことなのですが、
Touch ID付きにしてよかったと思います。

というのも、たとえばカフェで作業をしていてお手洗いで席を立ったとき。

1度画面を閉じて、戻ったら開いてパスワードを入れて……とするよりも
指紋ひとつで開けられた方が便利じゃないですか???

「日本は治安は比較的いいし、いらないかな」と思っていた私ですが
すぐ作業に取りかかれるのでつけて良かった、と思います。

2.何かと便利なAirDrop

そして、AirDropがかなり便利

iPhoneユーザー同士で画像や動画を送り合う際に使う方も多いと思いますが、
なんとiPhoneとMac bookを繋げることもできるんです。

びっくりしたのがiPhoneでコピーしたものをMac book Airにペーストできること(逆もそう)。

以前はスマートフォンでみた資料をパソコンでみたいときに
LINEアプリの自分用グループにいちいちリンクを送っていたのですが、
その手間が省けたのはかなり大きいです。

3.予測変換をすぐしてくれるので作業効率アップ

これはライターやブロガーあるあるかもしれませんが
打ちながら予測変換をしてくれるので、作業効率がアップしました。

書き起こしの際は、聞いて→打って→予測変換で直して……というステップが
聞いて打ちながら自然と予測変換をしてくれるので、時間がかなり短縮されたんです。

これからは作業効率をいかにあげられるかが求められる時代。
その点で、予測変換をすぐしてくれるのは嬉しいポイントでした。

Mac book Air 2018のデメリットと解決策

Mac book Air 2018を使って、早2週間。
毎日パソコンを開いて仕事をしている私の思う、デメリットと解決策をご紹介します。

1.ポートがThunderbolt 3のみ

画像や動画を編集する機会が多い私は、これまでSDカードを直接入れていました。
ですが、Mac book Air2018はポートがThunderbolt 3のみ。
わかっていたとはいえ、不便でした……。

そんな私の悩みを解決してくれたのが、こちら。

MixMart USB C ハブ MacBook Air 13 2018 Macbook Pro 13/15インチ用 Type-C ハブ 40Gbps Thunderbolt 3 4K HDMI PD急速充電 Micro/SDカード USB 3.0ポート×2 マルチ 変換アダプタ

これは何と、USB-C、Thunderbolt3、HDMI、USB3.0、TF、SDといった、7つのポートを搭載

Thunderbolt3もついているので、つけたまま充電もできます。

また、Mac book Air 2018にそのままくっつける形なので頑丈。
断線することもないので、つけたまま作業をしています。

2.やっぱりMicrosoftは必要

Mac book Air 2018を選んだときに不安だったのが
Microsoftでデータが送られてきた場合、どう対応するか、ということ。

Word、Excel、PowerPointといったデータが送られてきたとき
いちいち「Googleドキュメントで送り直してください」とは言えないですもんね。

なので私はMac book Air 2018が届いてすぐにMicrosoftを購入しました。


Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows10/mac対応|PC2台

オンラインコードであれば、購入してすぐコードを受け取れるので設定に30分もかかりません

毎年更新するのではなく永続版なので、買いきりで使用できます。
初期投資だと思って、購入しましょう!

3.薄いから傷が付きそう

これまで厚めのWindowsを使っていたからかもしれませんが……。
Mac book Air 2018に指紋がつくのではないかとヒヤヒヤしていました。

そんな悩みを解決してくれたのが、こちら。


MacBook Air 13インチ Retina (2018) 用

指紋を拭くとき傷がつかないか不安だったのですが、これを貼ったことにより安心して対応できます。

もちろん、丁寧な扱いは必須です。

Macユーザーに向いている人

Mac book Air 2018のメリット・デメリットを紹介したところで、
10年以上Windowsを使った私が思う、Macが向いている人を考えてみました。

iPhoneユーザー

先ほどもあげましたが、AirDropはiPhone、iPadをはじめとしたApple製品同士でないと使えません。

そのため「iPhoneを活用しながらパソコンでの作業も捗らせたい」方はぜひMac bookを導入していただきたいです。

長時間パソコンを使う人

Appleによると、
Mac book Air 2018は
・最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧
・最大13時間のiTunesムービー再生
だそう。

動画閲覧となると充電コードは必須ですが、
インターネットを閲覧したり、記事を書いたりするだけなら
充電せずに6時間ほど持ちました

念のため充電コードも持ち歩いていますが、軽いので負担になりません。

荷物をなるべく軽くしたい人

先ほどもご紹介した通り、Mac book Air 2018は重さが1.25kgなのでかなり軽め。
薄いため、リュックに入れただけでスペースが埋まってしまうなんてこともありません。

なるべく荷物を軽くしたい方、スペックに妥協をしたくない方はMac book Air 2018をぜひ購入していただきたいです。

【活用法】Mac book Air 2019に入れたい無料アプリ3選

それでは最後にMac book Air 2018を購入したら入れたい無料アプリをご紹介します。

iPhoneと同期できるアプリを使って、より快適なMacユーザーライフをお楽しみください。

1.Slack

Slackはグループでのコミュニケーションツール。
誰でもチャンネルを開設できるので、なかには自分の記録やカップルでのやりとりに使う方も多いそう。

これからよりSlackを使ったコミュニケーションが増えてくると思うので、インストールすることをおすすめします。

2.Evernote

名前の通り、素早くメモを取れる上に簡単に検索できるアプリ。

Evernoteなら、2媒体までの同期は無料のため
iPhoneでメモした物をパソコンで確認したり、いつでもメモをとったりできます。

ちなみに、私は日記をつけています。
時間があるときはパソコン、ないときはiPhone、と使い分けられるのでありがたい……!

3.Kindle

Amazon Prime会員なら絶対活用したいのがKindle。
Prime会員の読み放題がついていたり、電子書籍を購入して読めたりします。

とくにiPhoneだと画面が小さすぎる、と思う方はKindleのインストールがおすすめです。

アカウントで同期もできるので、いつでもどこでも読書ができます。

最後に

今回は、10年以上Windowsユーザーだった私がMac book Air 2018を手に入れて良かったことをご紹介しました。

正直「はじめは慣れないだろうな」と思っていたのですが
操作もわかりやすく、iPhoneを使っていたのですぐ活用できました。

これからよりMac book Air 2018で仕事の幅を広げられたらと思います。

Mac book Air 2018、最高!!!